FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1リットルの涙

人気ドラマランキング
その他のドラマ情報を探す

第1話 ある青春の始まり   視聴   S6  



第2話  15才、忍び寄る病魔  視聴    S6  



第3話 病気はどうして私を選んだの   視聴    S6  



第4話 二人の孤独  視聴    S6  



第5話 障害者手帳   視聴    S6  



第6話 心ない視線   視聴    S6  



第7話 私のいる場所   視聴   S6  



第8話  1リットルの涙   視聴    S6  



第9話  今を生きる   視聴    S6  



第10話  ラブレター  視聴    S6  



最終話 遠くへ、涙の尽きた場所に   視聴    S6  





1リットルの涙 特別編~追憶~  視聴  


 


TVドラマ・『1リットルの涙』(いち-なみだ)は、木藤亜也の書籍『1リットルの涙』を原作としたテレビドラマ。


キャスト


 池内 亜也(15歳→25歳)(沢尻エリカ) 主人公。活発で前向きで誰からも好かれる。自宅の豆腐店の手伝いもキッチリ行う、心優しい優等生。中学の頃からバスケをやっていた。高校受験を控えた2005年3月、15歳という若さで脊髄小脳変性症を発症。病が進行していく中でさまざまなことに葛藤し、涙を流しながらも、病気と、運命と懸命に立ち向かう。絶望に打ちひしがれるなか母·潮香に諭され、『日記(=文章)を書く』ことに己の存在意義を見出し、「人の役に立ちたい」と願い続けた。最終話、25歳で死去。 


池内 潮香(40歳→51歳)(薬師丸ひろ子) 亜也の母·保健師。夫と人の子供の面倒を見る、しっかり者で聡明で慈悲深い女性。だが、時に厳しい一面も見せる。病が徐々に進行していく亜也と向き合うなかで不安や葛藤を抱えながらも、保健師としての知識と、母としての愛情と勇気で家族とともに亜也を懸命に支えつづける。やがて、彼女の言葉が亜也の人生にひとつの大きな方向性を与えることになる。


麻生 遥斗(15歳→21歳) (錦戸亮)(NEWS・関ジャニ∞) 亜也のクラスメートで恋人。生物部に所属。一人で考え一人で行動に移すタイプ。不器用で頑固な性格は父譲り。ある事故がきっかけで父と対立し、かたくなに心を閉ざしていたが、亜也と関わっていくうちに彼女を愛し、陰から日向から彼女を護っていくようになる。その想いと行動はやがて、彼の進むべき道を決定づけることになる。 ※生物部のネズミが大好きな少女、学校の向かいにあるお菓子屋さんのおばさんなど、実際の木藤亜也に優しく接してくれた人々をモデルにしている。また、日記に書かれた亜也の心の声を代弁してストーリーを展開させる役割も担っている。


池内 亜湖(13歳→18歳)(成海璃子) 亜也の妹。第二次反抗期の真っただなかで、父·瑞生に歯に着せぬ物言いをする。オシャレが大好きで絵を描くのが得意。亜也の病状が進行するのと比例して、本来の優しい性格を表に出していくようになる。


池内 弘樹(11歳→16歳)(真田佑馬)(ジャニーズJr.) 亜也の弟。サッカーをやっている。亜也の病気のことで傷つくこともあったが、基本的には健気な性格の元気な少年。


池内 理加(5歳→10歳)(三好杏依) 亜也の妹。幼い頃は「理加も」が口癖だった。亜湖同様、絵の才能がある。 ※成長に伴い、第10話·第11話は三好結稀が理加を演じた。


河本 祐二(17歳)(松山ケンイチ) 亜也の中学時代からの憧れの先輩。男子バスケ部に所属。彼自身も亜也に一目置いていたが……。


武田 誠(17歳)(遠藤雄弥) 河本の友人。男子バスケ部に所属。河本に対し歯に衣着せぬ意見を言う。


西野 良三(30歳)(佐藤重幸) 亜也の東高での担任で女子バスケ部の顧問。明朗快活で生徒にも慕われているが、なあなあ主義で日和見な一面も見せる。


杉浦 まり(15歳→18歳)(小出早織) 亜也のクラスメートで、亜也の中学時代からの親友。女子バスケ部に所属。


松村 早希(15歳→18歳)(松本華奈) 亜也のクラスメート。同じクラスで同じ部に入ったことから、亜也たちと仲良くなる。


恩田 耕平(15歳→18歳)(水谷百輔) 亜也のクラスメートで、遥斗の中学時代からの親友。楽天家でおちゃらけ者。生物部に所属。亜也たちと交流を深めていくようになる。


中原 慶太(15歳→18歳)(橋爪遼) 亜也のクラスメート。マジメを絵に描いたような性格の持ち主。生物部に所属。生物に並々ならぬ造詣を抱いている。


富田 圭子(15歳→18歳)(葵) 亜也のクラスメート。


大橋 美歩(15歳→18歳)(川原真琴) 亜也のクラスメート。


麻生 芳文(50歳→55歳)(勝野洋) 遥斗の父。亜也が生涯世話になる常南大付属病院で外科部長をつとめている。生真面目で頑固で不器用な性格。ある事故で遥斗と距離を置くようになってしまうが、常に遥斗を心配していている。のちに遥斗に大きな影響を与える人物のひとり。


及川 明日美(16歳→17歳)(大西麻恵) 亜也の養護学校のクラスメートで、寮では亜也と同室になる。亜也とはひとつ年上。水野の元患者で14歳のときに脊髄小脳変性症を発病。第7話と第9話に登場。亜也以上に症状が進行しているものの、持ち前の明るさと気丈さで病と付き合っている。亜也の良き友達でもあり、良き先輩であり、良きお姉さんでもある。


及川 菊枝(かとうかずこ) 明日美の母。第7話に登場。同じ病を患う娘を持つ母親の『先輩』として水野の紹介で養護学校を訪れた潮香を励ます。 ※明日美を演じる大西と菊枝を演じるかとうは、上記のとおり映画で亜也と潮香を演じており、ドラマでは『ゲスト』という形で出演している。


藤村 まどか(浜丘麻矢) 亜也の養護学校での担任。第9話·第10話に登場。日々進んでいく病状を、障害を受け入れるのを怖れる亜也にとって厳しいことを言うこともある。が、それは彼女が養護学校の教師ゆえ。西野よりも若いが、彼以上に亜也を認め、心から受け入れている。10話で高野と結婚。


高野 喜一(東根作寿英) 養護学校のボランティアで、まどかの恋人。第9話から最終話まで登場。本業は「株式会社 文芸総合出版」の営業マン。第10話で潮香の勤務先に訪れ、まどかとの結婚式に招待すると同時に、潮香にあることを依頼する。彼の依頼はやがて、亜也の心からの願いを実現することになる。


水野 宏(33歳→44歳)(藤木直人(特別出演)) 亜也の担当医。常南大学付属病院の神経内科に勤務。脊髄小脳変性症の治療と研究を専門にしている。亜也と両親を支えていく一方で、彼自身も、懸命に病に立ち向かう亜也の姿に影響を受けて変わっていく。遥斗に大きな影響を与える人物のひとり。


池内 瑞生(45歳→56歳)(陣内孝則) 亜也の父·豆腐屋の店主。一本気で単純で度胸がある一方、子供じみたところがあり、情にもろい一面を持つ、チャキチャキの下町育ち。潮香や子供たちとともに亜也を支え、父として彼女を見守り続ける。池内家で亜也の次に泣く描写が多かった人物である。 wiki

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

comment

Secret

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
無料出会い系ランキング
第1位 ホテル直行便 

第2位 恋のお便り 

第3位 無料でゴーゴー

第4位 写ガール

第5位 いー出会い

ブログ内検索
オススメサイト
DXライブ
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。